里山ハイキング

物見山へ登りました。 物見山と言っても全国に沢山あると思いますが、埼玉県比企郡ときがわ町と小川町の境にある物見山です。といっても標高286m、家の裏にある山なので裏山とも言えます。昔から近所に住んでいる人(推定年齢70歳)に聞くと山への道をずっ…

野菜の生産が先か?売り先確保が先か?

野菜を売って生計を立てていくには? 野菜の生産が先か?売り先を探すのが先か? これには問題点が3つあります。 1つは売り先確保を先にしても、野菜が予想通り出来なかったら。その場合はどうするのかを考えなければなりません。 2つ目は野菜を作ってから営…

晴耕雨読でも働き方改革

我が農園にも働き方改革がやってきました。 きっかけは小学校1年生になるこどもの夏休み、それに伴うカミさんの爆発でした。 1学期の間はこどもの放課後の遊びの付き合いと、農業とカミさんの仕事が何とか折り合いがついていました。今思うと綱渡り的ではあ…

チビたサツマイモ苗

今日は薄曇りで絶好の除草日和でした。 6月は除草月刊というわけではありませんが、夏野菜の定植もひと段落と思っているのも束の間、草が日に日に勢いを増して来ています。2日前までここにラディッシュの子ともがいたのに、この前ショウガの畝を除草したのに…

「私たちが一方的に使うだけなら、地球の資源はいつかかれていく」

「私たちが一方的に使うだけなら、地球の資源はいつかかれていく」 土もそんな資源の一つです。 これは先日の朝日新聞の日曜版に掲載されていた記事に書かれていました。言葉に表すとより大地も有限な資源の一つであることが明確になりました。 農業をしてい…

初出店のご報告

晴耕雨読、野菜を持って初出店の報告 埼玉県比企郡鳩山町のベーカリー「グーチョキパン」の5周年記念JAZZコンサートに行ってきました。 朝5時に起きて収穫、今日はときがわ町の有機野菜直売所にも初出荷と初物が重なりめでたい日ですが、てんやわんやで痛ん…

今週末は直売所に初出荷

野菜がチラホラでき始めた晴耕雨読です。 ついにやってきました、 今週末5月19日㈰にときがわ町の 有機農産物直売所「ときのこや」に初出荷!! 午前10時オープン(15時まで) 何を出荷しようか。ここ毎晩考えつつ床に就いてます。 サラダルッコラ、柔らかな…

みなさんのおかげでタケノコ出荷できました。

初出荷の農産物はタケノコでした。 タケノコは晴耕雨読で一から育てた野菜ではありませんが、幸運にも裏山の竹藪からタケノコが次々と生えてきてくれます。そして、それを仕入れてくださる方がいらっしゃいました。 何て嬉しいことでしょう、開園して1か月の…

タケノコ掘りパーティー

晴耕雨読の開園から1か月。 ひっそりとお披露目パーティーを開きました。今が旬な裏山の筍を掘って掘って、食べて食べてな会を開きました。 タケノコ掘り希望者は午前9時に農園へ来てもらい、早速裏山の竹林へ、先ずは筍を探してもらいました。小さな参加者…

山の幸がいっぱい

農園を始めてから1か月、晴耕雨読で作った農作物を食べられるようになるにはもう少しかかりそうです。 その間、里山の幸をいただいて、日常の食事にとりいれたり、お世話になった人におすそ分けしたり、山の幸を農園の商品として営業しています。 本当に恵ま…

あなたが私にくれたもの

ときがわ町で農園を開くために引っ越して来て2週間が過ぎました。 その間にいろいろな方からプレゼントをいただきました。 大きなものから小さなものまでさまざまです。 その中でも一番多いものは 食べ物です。いただく側としては素直にうれしいものです。そ…

エコ生活の第一歩

引っ越してきたときがわ町には下水道がありません。 生活排水は主に浄化槽を通って地域の川へ流されます。 ときがわ町はとてもきれいな川が流れています。 川の美しさもこの地で農業をするきっかけの一つです。きれいな川をできるだけ汚したくない。そう思い…

先ずは種まき、レタスから。

引越後の家の整理も終わらないままですが、 春夏野菜の準備をします。本来なら2月には種まきしたいところでしたが、こどもの幼稚園の卒業式を終えてから引越したのでこの時期にレタスのなどの種まきです。 今の時期に蒔けば6月には収穫できそうです。夏のサ…

農業始めます!

私たちの農園 「晴耕雨読」では 次のことをテーマに農業に取り組みます。 一つは 「今の地球を次の世代へ、美しいまま引き継ぎたい」 そのために、 無農薬栽培 、大地にやさしい肥料を使用 プラスチック製品をなるべく使わない もう一つは 「ワオッ」を感じ…