里山ハイキング

物見山へ登りました。

物見山と言っても全国に沢山あると思いますが、埼玉県比企郡ときがわ町と小川町の境にある物見山です。といっても標高286m、家の裏にある山なので裏山とも言えます。昔から近所に住んでいる人(推定年齢70歳)に聞くと山への道をずっと行くと隣町の小川町の下里地区へ抜けられるとのことでした。未だに舗装もされず土の道です。幅も1.5m位ですが、だいぶ以前は牛を引いて荷物を運んだ道だそうです。その後バイクで通るようになり、自動車が普及してからはあまり使用されなくなり、近頃はの畑に使用する腐葉土の材料の落葉を取りに入るくらいのようです。私も畑に使う落葉を拾いに使っていた道ですが、この山道の先はどうなっているのだろうという好奇心が芽生えまして。物見山の頂上へ登ってみたい気持ちがムクムクと湧き上がってきました。

 

入口の溝には丸太が渡してあり、これからハイキングに行く気分を盛り上げてくれます。

f:id:Takusann:20200114214904j:plain

この時期落葉がいっぱいの道です。この時期、落葉樹は葉を落とし森の中は夏よりずっと明るいのです。途中針葉樹林と広葉樹林がまじりあったり、ホオノキの大きな葉を見つけたりしました。

f:id:Takusann:20200114214643j:plain

展望ポイントが無いのがチョット残念ですが、静かで自然との一体感を味わえます。道は一本道で途中1か所だけ分岐点がありました。そこは山頂へ向かっていそうな一番右の道を進みました。斜度もきつくなく、息切れすることなく心地よく歩けます。頂上付近で開けた場所に出て道が判然としなくなりました。道の印の杭を辿っていくと杉林がありその上が頂上のようでしたが、今回はここで引き返すことにしました。あたりには山桜らしい木があり、春には綺麗な花が見れそうです。

f:id:Takusann:20200114214057j:plain

帰る途中、里山の恵みの落葉を拾いました。踏み込み温床の材料に使おうと思います。

 

f:id:Takusann:20200114214544j:plain

この道の途中の藪を刈ったり、倒木をどかしたりして、ハイキングコースにしたらステキなのでもっと探索して、また紹介したいですね。

f:id:Takusann:20190323202727j:plain

 晴耕雨読